平素より、特別養護老人ホーム笑美の里の運営にご理解とご協力を頂き、厚く御礼申し上げます。

この度は、当施設で発生しました新型コロナウイルス感染症におきまして、ご利用者様はじめご家族様・担当ケアマネジャー様・関係事業所の皆様に多大なるご心配とご迷惑をお掛けしましたことを心よりお詫び申し上げます。

6月16日(木)に職員1名の陽性が発生してから7月11日(月)までに「ご利用者様32名、職員14名、計46名」の新型コロナウイルス感染症の陽性者が発生しました。

当施設では、三重県医療保健部と三重県津保健所と連携を図り、ご指導、ご支援を頂きながら、事態収束に向け取り組んだ結果、最後の陽性者を6月30日(木)に確認して以来、7月15日現在では新たな陽性者の発生はございません。

このような状況から、当事業所内での新型コロナウイルス感染症の事業所内感染の収束ができたものと判断し、ここに「終息」をご報告致します。

この度の反省を踏まえ、当事業所では引き続きご利用者様、ご家族様に安心してご利用頂けますよう、感染予防対策に万全を期すべく努めてまいります。今後ともご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

令和4年7月15日

社会福祉法人 明光会 理事長 東 明彦

特別養護老人ホーム笑美の里 施設長 中山 茂行